2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市三重町

ナツズイセン

 

三重町は今、写真のピンク色した花が咲いています。

ピンク色の彼岸花?って思いますが、正確に言うと彼岸花ではありません。

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の花ですから彼岸花と呼んでもいいと思うんですが、正式名称の和名はナツズイセンです(苦笑

葉がスイセンに似ていて花が夏に咲くことからナツズイセン、花期に葉がないことから裸百合とも呼ばれているそうです。

 

ナツズイセン

 

咲いていた場所は、久知良コミュニティセンターの入り口でした。

あちこちで見かけるんですが、まとまって咲いていたのがここだけだったので撮影させていただきました。

 

車で走っているとピンク色の花が目立つので気になってしようがありません(笑)

最初は「ピンク色の彼岸花かぁ、夏も終わりだなぁ」って思いながら見ていたんですが、調べると本当に夏の終わりに咲く花のようです(;^_^A

 

花言葉は色々あるんですが、夏の終わりに咲くことから「悲しい思い出」っていうのがあります。

皆様の地域でもピンク色したナツズイセンが咲いていませんか?

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市千歳町

千歳中学校

 

千歳中学校を初めて訪れました。

体育館の横にある駐車場には車を止めてお祭りの見学をしたことはありますが、校内に入るのは初めてです。

 

千歳中学校

 

夏休みのこの日は、体育館で男子バレー部が基礎練習の真っ最中。

そういえば緒方中学校の男子バレー部が九州中学体育大会で好成績を収めたようですよ、ネットで調べると四校が優勝?になったみたいです。

でも九州大会で上位に入るとは緒方中学男子バレー部のレベルの高さに驚きました、これからも期待しています。

 

話を戻しましょう、この中学校の校庭で驚くものを見つけました(笑)

 

千歳中学校

 

この忠魂碑です、日露戦争の戦没者を慰霊するもののようです。

それにしても校庭に忠魂碑があるのは、豊後大野市ではここだけでしょう。

 

千歳中学校

 

忠魂碑の横にありました。

 

ちょっと校庭にはそぐわない気もしますが、移転するわけにもいかずそのままになっているんでしょう。

 

千歳中学校

 

この日の中学校は静かでした、体育館で男子バレー部、テニスコートでテニス部が練習していただけでした。

一番大きな音がしていたのは、職員室のエアコンにつながっている室外機の音でした(笑)

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市三重町

ヒマワリ

 

私と同年代の方は「ハチのムサシは死んだのさ」っていう歌をご存知でしょう、流行った曲でした。

 

ヒマワリの花にミツバチが群がっていて夏らしい画なんですが、撮影していて思わず口ずさんだのがタイトルにある歌です。

思わず口ずさんだ歌が懐かしかったのでYouTubeで聞いてみようとネットで検索すると、この歌の歌詞の意味が私の想像していたものとは全く違っていたんです。

 

この歌の意味するものは学生運動だったんですね、ハチのムサシという1人の青年が国を変えようと国家という太陽に挑戦して焼かれて死んで落ちたという内容なんだそうです。

 

この歌が流行したのは昭和47年くらいですから、私は中学三年か高校に入学したての頃です。

当時、学生運動が盛んだったことは記憶していますが、余りいいイメージは持っていませんでした。

やっぱり連合赤軍なんかがすごい事件を起こしていたからでしょう、子供の私にとっては理解出来ない思想でした。

 

こうしてちょっと調べると色んなことがわかるスピードのある世の中なんですねぇ、ネットは使い方によっては素晴らしいアイテムになりますねぇ。

 

ヒマワリ

 

ヒマワリの画も今年最後になります、夏を感じさせてくれる大好きな花になりました。

来年も頑張って撮影しますか(笑)

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市大野町

JUGEMテーマ:地元の祭り

第29回しだはら湖面火まつり

 

明豊が負けちゃいました、「健闘空しく」っていう表現がピッタリの試合でした。

でも素人の意見としては前の試合が劇的な勝利だっただけに、その流れを変えて欲しくなかったかな。

特に投手が不安なチームだったから、前の試合と同じ流れで投手を使って欲しかったなぁ。

でも頑張りました、本当にお疲れ様でした_(_ _)_

 

さて大野町で開催された「火まつり」ですが、日中は夏らしい青空が広がって入道雲も見ることができました。

そんな絶好の天気に恵まれてお盆最初のお祭りが開催されました。

実は私、60数年生きていますが、初めて見学するお祭りです。

写真撮影とブログを始め、見学する機会はあったんですが、残念なことに昨年までは「らいでん祭り」と日程が重なっていて見学することができませんでした。

今年は二つの祭りの日程が分かれたので見学することが可能になりました、でも日程が重なっていても今年はこちらの見学に来ようと決めてはいたんですが(笑)

 

第29回しだはら湖面火まつり

 

会場には駐車場がないので「道の駅おおの」近辺から発車しているシャトルバスを利用することになります、もちろん無料です。

でも撮影する人間にとっては不便なんです、どうしてかというと花火の撮影になると三脚は絶対に必要で他にもカメラやレンズを持っていくとなるとかなりの重量になるからです。

そんな愚痴を言っても仕方ないので、前日に持っていく機材を厳選しました(実際は厳選するほど機材は持っていないんですが(笑))。

 

到着したのが午後6時30分少し前で観客としては一番乗り(^^)v

浴衣や甚平を着ているとプレゼントがあります、どんなプレゼントかは秘密です、知りたい方は来年ご来場ください_(_ _)_

 

第29回しだはら湖面火まつり

 

手前に写っているオレンジ色のラインは、「七色とうろう」と呼ばれているものでボートでとうろうを引っ張っています。

 

第29回しだはら湖面火まつり

 

ここからは地元の祭りですが本音で語らせていただきます。

「湖面ひまつり」なんですが、私に言わせれば「しだはらお楽しみ抽選会」というタイトルでいいんじゃないかと思いました。

とにかく「お楽しみ抽選会」に時間がかかりすぎo(`O´#)o

他の来場者の話を耳にしましたが、昨年も抽選会に時間がかかりすぎて花火の時間が短かったようです。

時間が短いといっても打ち上げる花火の数が少なくなると言うわけではないんですが、打ち上げる間隔を短くするようです。

 

第29回しだはら湖面火まつり

 

予定では8時40分から打ち上げるはずなんですが、10分くらい遅くなっての打ち上げです。

仕掛け花火も撮影したかったんですが、帰るバスのことを考えると早めに切り上げることしか考えなくなります(帰る方が列を作り始めるので焦ってきます)。

ステージイベントで盛り上げるのは理解出来ます、でもメインは花火のはずなんですよね。

 

初めての撮影なもんで湖面に映る花火を撮影出来ませんでした、来年はアングルを考えないとなぁ、、、って思っているんですが、帰宅時間が10時近くになって疲れが半端ない(苦笑

したがって来年は生きていても撮影に行くか未定です(笑)

 

でも会場にはたくさんの家族連れがいらっしゃってした、「別府市から来ました」ってスタッフに応えていた男の子がいたくらいですから

市外からの来場者もたくさんいたんだと思います。

 

何はともあれ天気に恵まれて、お盆最初のイベントは大盛況でした。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市緒方町

帯迫峡

 

帯迫峡に行ってきました、そしてようやく橋の上から撮影した写真に満足した自分がいます(笑)

今まで何度も橋の上から撮影したんですが、「橋の上から見ている」感が得られず何か釈然としていなかったんです。

 

橋の上から見ると、ちょっと腰が引けるようになるじゃないですか、それがどうしても表現できなかったんです。

撮影して帰宅、現像している時に「これこれ、この感じだよ」って一人興奮していました(笑)

帯迫峡にかかる帯迫橋から下をのぞくとこんな感じです。

 

帯迫橋

 

青空だと映える橋なんですが、今年の夏はずっとこんな感じの空です。。。

しばらく尾平に行ってないなぁ、、、天気も良くないし空気が澄んだ日が少ないのでなかなか行く気になれません。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市三重町

鹿落としの滝

 

大分県代表の明豊が辛うじて勝利しました、危なかったぁ。。。

最後までヒヤヒヤしながら観戦していましたが、こんな試合を観戦していると寿命が縮まります(><;)

神村学園も強かった!お互いにナイスゲームでした(^^)v

 

さて夏らしい天気って言いたいところですが、暑さは夏、でも夏の空じゃないんですよねぇ。。。

雲の形が秋みたいな柔らかいものですし、真っ青な空じゃないんですよ。

今年の夏になって、真っ青な空に「もくもく」した入道雲を見たことがありません、なんかいつもの夏と違うんですよねぇ。

 

さて先日ご紹介した「鮎返りの滝」の更に奥?にある「鹿落としの滝」の見学に行って来ました。

この滝もブログを引っ越す前に一度ご紹介しています。

 

鹿落としの滝

 

この滝の全貌を見るには川まで下りなければ見ることができません、ネットで一人の方が、私の撮影している場所から下におりて撮影している写真があります。

下りるには登山用具が必要なようで、それなりに経験した方でないと下りるのは難しいようです。

滝の全貌を見たい方は「ぽんぽこ/ウェブリブログ」様のブログをご覧ください。

 

鹿落としの滝

 

滝の前にある木が邪魔なんですよねぇ、、、夏だとこれが精一杯です(苦笑

 

鹿落としの滝

 

ここへ来るのには林道を通ります、その林道は途中で終わり、その後は傾山の登山道のようです。

久しぶりに訪れましたが、道は以前より通りやすくなっていました。

それはどうしてか。。。

杉を伐採して大型トラックが運んだからでしょう、砂利道がトラックに踏み固められていて凸凹がなくなっています。

以前訪れた時は、落石が多くて途中で車を停めて歩く必要があったんですが、今回は車で来ることができました。

 

「鹿落としの滝」と「鮎返りの滝」はそれぞれ白山川八景の中の一つです、この滝をもっと多くの方が見学できるように出来ないものなんでしょうか。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市千歳町

豊後大野市立千歳小学校

 

校庭で元気な声が聞こえていました、女の子4人に男の子1人のグループがサッカーで遊んでいます。

ちょっと見学していると主導権は完全に女の子、やっぱり人数的に男の子は不利(笑)

 

豊後大野市立千歳小学校

 

ここは千歳小学校、初めてお邪魔しました。

 

豊後大野市立千歳小学校

 

校庭で見つけました、昭和34年に3回卒の生徒が卒業しているってことは31年が1回目の卒業生、だから昭和25年くらいに設立されたんでしょう。

この埴輪みたいなものがたくさんあるんですが、小学校と何か関係しているんでしょうか。

 

豊後大野市立千歳小学校

 

校舎の大きさからみて生徒数はかなり少ないようです、少子化に加えて過疎の問題を考えれば納得せざるを得ませんね(苦笑

 

豊後大野市立千歳小学校

 

校庭の隅で見つけたタイムカプセルを埋めている場所なんでしょうか?

昭和58年卒の生徒が埋めたってこと?

それなら卒業生は二十歳を超えてますよね?

二十歳に開けるから「はたちのつぼ」なんじゃないのかな、これを読んでいるOB・OGの方覚えてますかぁ。。。

大至急、同窓会を開いてオープンしましょう(笑)

 

たださすが千歳小学校です、ひょうたんをモチーフにしています。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市三重町

下赤嶺下区

 

遠くに佩楯山が見える下赤嶺地区下区に、今年も「かかし」が飾られました。

昨年知った事ですが、このかかしが飾られる公民館で三重町納涼花火大会の時に盆踊りをするようです。

そして田圃には小松明火祭の縮小版のように火がともります、昨年佩楯山から撮影したからわかったんですが(苦笑

 

下赤嶺下区のかかし

 

今年も方言をまじえたかかしが飾られています、老人会の方たちが作製しているようですがお見事な出来栄えです。

ただ、ちょっと方言が違うような、、、「しとらんじ」じゃなく「しちょらんじ」では。。。

 

下赤嶺下区のかかし

 

今年は通学風景をかかしで表現したようです、毎年見学させてもらうようになりましたが、、、好きです(笑)

 

下赤嶺下区のかかし

 

この公民館のある場所は、納涼花火大会の時には花火が半分くらい見えるんです。

昨年、佩楯山から撮影した後に公民館前を通って帰ったんですが、花火が半分くらい見えてて一味違った花火鑑賞ができる場所です。

 

下赤嶺下区のかかし

 

今年の納涼花火大会は19日の土曜日です、いつも思うことですが「どうしてお盆の間にしないんだろう」って。。。

故郷に帰っている方に楽しんでいただきたいのに、ほとんどの方が故郷を離れた日に打ち上げるのってどうなんでしょう。

 

このかかし、国道の裏手にあるので多くの方が目にすることはありません。

コスモス薬局の裏手に広がっている田圃沿いにある公民館です、ちょっとだけ見学していきませんか。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市三重町

牟礼川と大野川の合流地点

 

三重町にこんな立派な滝があるのをご存知ですか?(笑)

今まで何度か撮影したんですが、手持ちのレンズでは寄れず望遠レンズを買ったことで撮影することができました。

 

滝の場所は「上田原」、撮影している場所は「法泉庵」になるのかな。。。

実はこれ、牟礼川と大野川の合流地点になるんです。

 

三重町から千歳町に行く時、三重・新殿線を通ると百枝小学校のところが直線になっています。

その直線の道路に小さい橋が架かっています、その橋の下を流れているのが牟礼川です。

 

大野川

 

その牟礼川の水は滝のように落ちて大野川と合流しているんです、50ミリの画角で写すとこんな感じになります(笑)

この滝のように落ちる水を撮影したくて向こう岸に行きたかったんですが、道があるのかわからず、川を渡ろうとも考えましたが浅くはないので断念(><;)

ようやく撮影出来ました(^^)v

 

でもこれって滝だよねぇ、、、って思ったので調べてみました。

すると「滝とは、河川や湖の一部が段差になっているため、水が落下している場所を言う」こんな定義があるんですね。

 

納得、、、河川が他の河川と合流するため落下しているんだから滝とは呼べないんですね。

また一つ賢くなりました(笑)

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

JUGEMテーマ:豊後大野市清川町

中津牟礼川

 

一昨日の高校野球で大分県代表の明豊高校が勝利しました、大分県代表が甲子園で勝利したのは6年ぶりです。

毎年、今の時期は高校野球のテレビ観戦が楽しみの一つなんですが、ずっと大分県が一試合目で負けていたのでイマイチ楽しめませんでした。

ようやく、ようやく勝ってくれました(笑)

ピッチャーに不安が残りますが、次の神村学園にも勝利してほしいものです。

 

さてこの日は、清川町に流れている中津牟礼川沿いを散策して、轟橋が通行止になっているので林道を通って緒方町の帯迫へ、それから原尻の滝方面に出て帰る予定にしていました。

 

この中津牟礼川の上流方面も泳ぐポイントがあります、でもこっち方面まで来て泳ぐ人はいないでしょうねぇ(笑)

 

清川町轟橋

 

そして林道を通って帯迫に出る予定だったんですが、林道入り口の手前に「轟橋2t以下通行可」の立て看板を発見。

「轟橋が通れるんだぁ」

それなら通って帰るついでに補修した後を撮影して帰りましょってことで、轟橋の補修箇所を撮影しました。

 

ちなみに林道は写真の奥方向です。

 

清川町轟橋

 

アンカーを打って吹き付けで補強していました、でも2t以上の車が通れないってことはまだ何かするんでしょうか。

 

子供が小さい頃、この轟橋の下でキャンプをしたことがあります。

今はキャンプ禁止かもしれませんが、20年くらい前はキャンプをする方がけっこういました。

 

早咲きの秋桜

 

帰りに見つけた早咲きの秋桜です、「去年の秋の写真じゃないのぉ」って思われるのがイヤだったので背景に田圃を入れています(笑)

この早咲きの秋桜は今までも毎年咲いていたんでしょうが、私が気付いたのは二年前だったかな。

写真の撮影を始めると色んな風景に気付かされます。

 

今日はここまで、それではご機嫌よう♪


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 豊後大野情報へ
にほんブログ村