大分県豊後大野市から気ままなblog

大分県の豊後大野市、そこは阿蘇山大噴火の影響が残り、澄んだ川と四方を山に囲まれた小さな故郷。そんな故郷<and so on>をご案内する気ままなブログ
<< 四浦半島「河津桜」 | main | 長迫横穴古墳群 >>
佩楯山で聞いた「ブヒ」
0

    JUGEMテーマ:大分県豊後大野市

    佩楯山から

     

    この日の日中は快晴、微風、佩楯山を見上げるとスッキリとした姿を見ることができました。

    「あ!これなら遠くを見渡せてきれいな夕日を撮影することが出来るかも」そう思った私は、夕方になる前から佩楯山に登ってきました。

     

    思った通りでした、、、写真はどこが写っているかわかりますか?

    遠くに見えるのは佐伯湾です、佩楯山に何度も登っていますが、ここまでハッキリ?見たのは初めてです。

    大分市方面を見ると、かすかにですが国東半島も確認できました。

     

    佩楯山から

     

    佩楯山に着いたのが午後4時過ぎ、それから遠くを撮影したり三重町を写したりする時間を過ごしましたが、なかなか日が沈まない(><;)

     

    佩楯山から

     

    5時半過ぎに太陽が山の稜線に近づいてきました、「もう少しだな」って思った時でした。

    撮影している場所の下から「ブヒ」って鳴き声が聞こえたんです、、、「ん?今のって鳴き声だよなぁ、、、ブヒって鳴くのは豚かイノシシ?豚がいるわけないから。。。」

    すると「ガサガサ」って音が、、、それが段々と近くなってくる(^_^;)

     

    「ヤバイ!太陽が沈みかけているのにイノシシがくる」、とにかくイノシシが上がってこないようにしなきゃあと思って石を投げました。。。

    ガサガサって音がする方向に無我夢中で石を投げました、石を投げながら思っていたのは「最悪イノシシが上がってきたら三脚で追い払うしかないか、、、

    それでもダメなら車の中に逃げ込むしかないな」って。

    いやー何十年ぶりでしょうか石投げをしたのは、、、(笑)

     

    石の音に驚いたのか、、、イノシシの気配が消えました。

     

    佩楯山から

     

    間に合いました、山の稜線に沈む太陽を撮影出来ました\(^ ^)/

    でも怖かったぁ。。。(苦笑

     

    それから暗くなっていく山道を帰ったんですが、、、山鳥に出会うし、鹿も遠くに見えたし、、、「ここは野生動物の宝庫やぁ」って呟きながら帰宅しました(笑)

     

    今日の写真は少しだけ「作品風」にしてみました"r(^_^;)

     

    今日はここまで、それではご機嫌よう♪

    | 小鮒 | 風景 | 04:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 豊後大野情報へ
    にほんブログ村









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE